すみだスクラッチプログラミングワークスコンテスト

コンテストの目的
現在は、AIやIoT、ブロックチェーンなど、革新的な技術がもたらす第四次産業革命の真っ只中です。
しかし、その技術の担い手となるプログラマーやシステムエンジニア、クリエイティブな人材を輩出する文化・土壌・環境が日本にはまだまだ不足しています。

このすみだ スクラッチ・プログラミングワークス・コンテストでは、 人知れずハイクオリティな作品を作り出しているジュニアプログラマー達の作品を一堂に集め、出展者本人によるプレゼンを通じて専門家や第三者による評価を行うことで、出展者に対しては表現の場や創作活動の目標、そして自身のスキルやポテンシャルを客観的に評価する機会を提供すること、また、出展者と同世代の観覧者やその保護者に対しては、プログラミングへの興味・関心を高めるとともに、デジタル時代のクリエイティブを担うキャリアの選択肢に気づく機会を提供することを目的としています。

実行委員会一同、「ハード」のものづくりのDNAを持つこの墨田区で、「ソフト」のものづくりの担い手であるジュニアプログラマーの皆さんの大きな飛躍の瞬間に立ち会えることを楽しみにしています。

スケジュール
■作品受付:2019/12/1(日)〜2020/1/6(月)
■一次審査:2020/1/中旬
 (実行委員会による入選作品の選考。非公開)
■最終審査会:2020/2/2(日) 13:30〜16:00 (13:00開場)
 (実行委員会及び外部審査員による公開審査会。入選作品製作者によるプレゼンテーションを行い、優秀賞等の授与を行う)
 会場:本所地域プラザ BIG SHIP(東京都墨田区本所1-13-4) 4F 多目的ホール

応募要領

参加資格

・2020年2月時点で、小中学生であること
 (チームで参加の場合、チーム全員が小中学生で構成されていること)
・最終審査会に参加可能であること
 (最終審査会の日時・会場はスケジュール欄参照。参加が難しい方はご相談に応じますので、お問い合わせください)

募集内容

・応募者自身が作成した、Scratch(スクラッチ)のオリジナルの作品

【参考】
 ■Scratchの公式サイト:https://scratch.mit.edu/

作品ジャンル

・ジャンル、テーマは自由。(ゲームやストーリー物、アート作品など、何でもOK)
・過去に制作した作品でも可。但し、他のコンテストに出品したことがあるものは不可。

応募方法

現在調整中

応募期間

2019年12月1日(日)〜2020年1月6日(月)

メディア

すみだ スクラッチ・プログラミングワークス・コンテスト2019 最終審査会 が以下のメディアに取り上げられました。

「EdTechZine(エドテックジン)」 2019年1月22日公開
墨田区、小・中学生を対象にした「すみだ スクラッチ・プログラミングワークス・コンテスト」の最終審査会を2月17日に開催

「ICT教育ニュース」 2019年1月22日公開
「すみだスクラッチ・プログラミングコンテスト」、2月17日に最終審査会

メディア掲載一覧

運営団体

連絡先/お問い合わせ

すみだ スクラッチ・プログラミングワークス・コンテスト事務局
(特定非営利活動法人 THOUSAND-PORT内)
担当:鈴木 050-3630-0597

後援・協賛
墨田区教育委員会
東京商工会議所墨田支部
東京東信用金庫(ひがしん)

すみだ スクラッチ・プログラミングワークス・コンテスト実行委員会では、
本大会を御支援いただける企業を募集しております。
御協賛の詳細については、上記のお問い合わせ連絡先まで。

協力