実行委員会

実行委員会

実行委員長
中村 伊知哉
慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科 教授
情報経営イノベーション専門職大学 学長

1961年生まれ。京都大学経済学部卒。慶應義塾大学で博士号取得(政策・メディア)。1984年、ロックバンド「少年ナイフ」のディレクターを経て郵政省入省。1998年 MITメディアラボ客員教授。2002年 スタンフォード日本センター研究所長。2006年より慶應義塾大学教授。内閣府知的財産戦略本部、文化審議会著作権分科会小委などの委員を務める。CiP協議会理事長、吉本興業社外取締役、理化学研究所AIPセンターコーディネーター、東京大学客員研究員などを兼務。iU(情報経営イノベーション専門職大学)学長。著書に『超ヒマ社会をつくる』(ヨシモトブックス)など多数。

身の回り全てがコンピュータで動く世の中になる。誰でもプログラミングをできるようにしよう。プログラマーになるのはもちろん、アーティスト、経営者、起業家、先生、どんな仕事につくにしてもプログラミングは必要になる。読み書きプログラミング。そう考え、私が客員教授をしていたMITの研究所で開発されたスクラッチ。その後、日本でもプログラミングを小学校でも必修にする運動を続け、ようやく制度化されます。でも導入はこれから。誰もが情報社会で力を発揮するチャンスを手にします。そして、ものづくりの街・墨田は、その実力を活かし、ICTで世界に羽ばたく大きな推進力を得ることになります。墨田に作る大学「iU」(情報経営イノベーション専門職大学)も、デジタルの未来を切り開くみなさんのお役に立とうと思います。Let’s scratch!

有薗 悦克
株式会社サンコー 取締役社長
co-lab墨田亀沢チーフ・コミュニティ・ファシリテーター
東京商工会議所墨田支部 青年部副幹事長

大手小売企業にて事業再生に参画した後、2013年にサンコーに入社。印刷業を主軸としながら、お客様の「おもいをカタチに」する領域を広げるためのインフラとして、クリエイター専用のシェアオフィス”co-lab墨田亀沢:re-printing”を2015年にオープン。地域のモノづくりとクリエイティブの融合による新しいモノづくりを志向している。

プログラミングの学校に通っていたことがあります。本当に初歩の部分しか身に着けることは出来ませんでしたが、「これは現代の必須言語だ。」と実感しました。プログラマーでなくても、コンピューターがどのように情報を処理しているかを知ることは、AIに代替されない人間になるための最低条件だと思います。コンテストを通じて、プログラミングに興味を持つ人が増えること。そして、すみだのモノづくり職人たちとコラボレーションして、新しい産業が生まれること。そんな夢をもってこのコンテストに取り組んでいます。

斎藤 正武
中央大学商学部教授
ジュニアプログラミングクラブQUEST 共同研究

プログラミングが論理的思考力向上に寄与していることを実証したい研究者。
中央大学(多摩キャンパス)でIT関係科目を教える中で、小中学生からプログラミングを触れさせる機会が必要と考え始めた矢先、MITが開発したScratch(スクラッチ)に出会う。それ以降、日本でのみならず、タイでも中学生にプログラミングを教えている。ゆくゆくは、英語とプログラミングを同時に学べることを構想中。

日本一尖がった建物の東京スカイツリーがあるこの墨田区。
日本一尖がったジュニアプログラミングリーダーを作りたい!

小川 郁香
ゲームデザイナー

墨田区出身・在住。専門学校にて2年間ゲーム制作(主にデザイン)を学び、2019年からフリーランスデザイナーとして活動を始める。また、小学生~高校生向けにキャンプなどの体験学習を提供する「すみだ青年協力会」の一員としても活動。

IT社会の現在、機械との対話言語であるプログラミングは非常に重要になりつつあります。今回のコンテストをきっかけに、プログラミングの楽しさ、モノを作り上げる楽しさを知ってもらえれば嬉しいです。ゲーム作りを学んでいたとは言え、デザインばかりでプログラミングはまだまだ初心者な私ですが、参加者のみなさんと一緒にスキルアップしていければと思っています。

竹下 仁
システムエンジニア
Tech for elementary コンテンツ開発者
ジュニアプログラミングクラブQUEST ヘッドコーチ

墨田区在住の現役エンジニア。主に小・中学生に相当する年代を対象としたプログラミング教育事業でも多岐に渡り活動。
プログラミング教室FC『Tech for elementary』でカリキュラムの開発を行う他、地元・墨田区でプログラミング教育を促進するため『ジュニアプログラミングクラブQUEST』のヘッドコーチとしてコンテンツの開発を担当、『プログラミング教育通信』の編集長なども務める。

プログラミング教育に携わり始めてからこれまで、子ども達がプログラミングというものを『知る機会』と、プログラミングに興味を持った子ども達が気軽に自由に取り組める『場』を創ってきました。このコンテストが、まだプログラミングに触れていない人達にとって新たな『知る機会』となり、すでにプログラミングに取り組んでいる人達にとって『目標』のひとつとなるように、実行委員会のみなさんと盛り上げていきたいと思います。

事務局

特定非営利活動法人 THOUSAND-PORT
代表理事 鈴木 篤司
墨田区を拠点に、青少年向けの「内発的動機」を育むワークショップの実施、また、学童や保育施設の職員向けの研修なども行う。興望館に通う3歳の男の子の父。

自分自身はプログラミングの専門的な知識はありませんが、これからの時代において「自らのキャリアの可能性を拡げるスキル」であり、英語以上に必要な「言語」だと認識しています。また、キャリアの視点のみならず、子どもたちひとりひとりの個性と創造性を開花・伸長させ、「消費者」から「創造者」へシフトする原動力とももなりうるでしょう。特に墨田区においては、ものづくりのDNAを現代的に昇華するうえでも、このプログラミングの技術は非常に大きなファクターとなるに違いありません。 子どもたちの作品から「可能性に満ちた未来」が垣間見えることを楽しみにしています。